オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

布マスクのお洗濯

布マスクのお洗濯

 

ジャンルにこだわらず、いろんなものに挑戦してクリエイト活動をしている元和裁士の

こまもの屋 結衣の主人(あるじ)です。

 

私は、Creemaのサイトで布マスクを販売しています。

 

使い捨ての不織布マスクを着けると、「お肌が痛い」「ヒリヒリする」敏感肌のようなので、自分も布マスクを愛用しています。

 

使い捨てマスクは、1日使用した後は、ゴミ箱にポイすればいいのは簡単でいいのですが、お肌のために外出時には布マスク。

 

布マスクは繰り返し使えますが、使った後はお洗濯が必要になります。

 

疲れて帰ってきて、お洗濯するのはけっこう面倒。

 

100均で、マスクを洗濯機で洗うためのメッシュの袋が販売されています。

 

その洗濯袋に入れて洗濯機に放り込むのは、助かるわぁと思い、何度かやってみました。

 

ファンデーションの種類により、肌色が結構わかるくらいに布マスクについてしまうものがあります。それを洗濯機でお洗濯すると、ピンク色のマダラ模様になってしまいました。😓

 

メイク用ファンデーションには日焼け止め効果の成分も含まれていたりします。

 

以前見たネットの書き込みで、日焼け止めと漂白剤が反応してピンクに変色するというのを見かけました。

 

私の使ったファンデーションも多分同じく、日焼け止め成分が含まれていたのでしょう。漂白剤は使っていませんが、洗濯か柔軟剤の成分に反応してしまったのかもしれません。

 

ピンクに変色した布マスクを、濡れたまま、もう一度ウタマロ液体洗剤で手洗いしてみたら、ほぼ綺麗な前の状態になりました。

 

手間を惜しむとこうなるのか…って反省して、そのあとはウタマロ液体洗剤で手洗いしています。

 

布マスクは使った後、ちょっと面倒ですが、長く綺麗に使うためには手洗いに限るようです。

 

刺繍マスク クリーム

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集