オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

着物の仕立て

着物の仕立て

 

私は、20数年前までは和裁を生業としていました。お客様が呉服屋さんで購入した反物(着物の生地)をお預かりして、その方にあった寸法でお仕立てをするというものです。

 

コートの一部分を除いて、もちろんオール手縫いです。

 

数年前、ふと、ショッピングセンターで、浴衣を販売しているところを通った時に、『本仕立て』と書かれたPOPを見たので、どれどれと見てみたんですが、どこをどう見たら本格仕立て?って。本格仕立てってどういう意味で使ってる?

全てミシンで縫われて、おまけに柄の持って行き方もセンスないな〜。

 

個人的に、まあ、浴衣は着ている間に汗をかくので、お洗濯をする回数も多いので、ミシン縫いは、有りだと思っています。

でも、袖口・振りなどは、ミシンでジャーって縫うのは、どうなんでしょうね。見た目がイマイチ。

 

浴衣のミシン仕立てを見て、着物の仕立てはこんなものと思って欲しくないなぁと思った次第です。

 

みんながみんな、呉服屋さんで浴衣の反物を買って仕立てをして着るわけではないですが、世間の皆さんに、着物の仕立てをもっと知っていただきたいなと思うのです。

 

ほんの小さな部分でも形や、縫込みの収まりなど、こだわって縫っているんですよ。って言っても、分からないですよね。

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。