オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

手縫いの仕事

手縫いの仕事

 

このところ、次のイベントに出品する丸ぐけの帯締めを制作していました。最初は、オール手縫いで。その後、ミシン縫いにして芯を通したらどうだろうと思って、そっちの方法で作ってみました。

 

既製品は、当然ミシン縫いですので、見た目はやっぱミシン縫いの方がきれいな出来上がりですね。

 

でも、手縫いの方は手縫いの、柔らかみがある。

 

着物も同じようなことがあります。

素材にもよりますが、やはりミシンを使った縫製の着物は、着た時に「硬い」という感覚を持ちます。よく洗濯するものは、ミシン縫いの方が縫い目が丈夫ですので、仕方ないとは思うのですが、やはりひとの手で縫い上げたものには、温かみというか体に優しい気がします。沿ってくれるというか。

 

だんだん着物の縫い手も減ってきた昨今ですが、やっぱ手縫いの仕事は絶やしてはいけないと思います。新規の着物の売れ行きが芳しくないと聞いています。

和裁士はいて欲しいが、仕事が少ないとそれで生活していくのが難しい。ジレンマを感じます。

和裁を現在はやっていない私が言うのもなんですが…

 

伝統工芸など、同じ状況のものは、世間でたくさんあると思います。AIでなんでもできる世の中になっていく中で、人の手による製品の温かみは、なんとか残って欲しいですね。

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集