オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

ロンドンで着物

ロンドンで着物

 

毎回楽しみに見ている、NHKの『世界はほしいモノにあふれてる』の昨日の放送は「ロンドンKIMONOスペシャル」の前編。

 

イギリス出身の着物研究家シーラ・クリフさんがロンドンへ。

 

十文字学園女子大学の教授として、語学や英文学、着物関係の授業を担当されているシーラ・クリフさん。

 

素敵な着こなしをされていました。

小物の合わせ方もステキ。さすがです。

 

番組を拝見して、初めてロンドンでのKIMONO人気の高さを知りました。海外の方の着物が美しいと愛でていただいているのは知っていましたが、こういう市場もあるのかとちょっとびっくりした次第です。

 

着物は昔から、親から子へと受け継いで着る事ができるような仕立てをしているものです。生地も上質なものを使っている事が多いです。長〜く使えるいいものが多いのでしょう。

 

ロンドンのビンテージショップで、販売されているのは日本の古着の着物。ボロのものを好んで買っていかれる方もいるそうです。

 

古いものは、その状態になる過程の歴史も一緒に受け継ぐっていうような考えだそうです。

 

そういうところに価値を見出すんですね〜

 

 

日本で今ではあまり着られなくなった、黒の羽織りをジャケットとして着用したりしていました。

それがなんかかっこいいんです。

 

昔は、黒の羽織り、子供の小学校の入学とかにはつきものでしたが、今はお子さんの入学式にお着物でお出かけになる方がどのくらいいらっしゃるでしょうか。

 

黒の羽織は特に、家紋が入っていたり、色も黒ということもあり着用の機会が限定的になりがち。

 

着る機会の少なくなった黒の羽織がロンドンに行っているとは。

 

私も前から羽織をジャケットにしたらどうかとは思っていましたが、自分でそのような着方をするのには勇気がなくて。

 

外国のかたがサラッと着こなしているのを見ると、なんでサマになるんでしょう?

 

また、アフリカ出身のかたが、出身地のプリント生地で着物とターバン のようなものをお揃いで自分でお作りになって着ていらっしゃいました。それも、すごく素敵でした。

 

日本の若手のデザイナーさんの新作の帯。

発想が素晴らしい。アメコミ柄をデザインするなんて。

日本で、正統派の着物を着るっていう着方ではなく、洋服を選ぶように着物や帯を選んでお出かけするっていう時に、めちゃめちゃお洒落だと思いました。

 

日本の文化、「きもの」を世界のいろんな国の方が好んで着てくださるのはとても嬉しい。

 

JUJUさんが、普段に着物をお召しというのも嬉しい。

 

次回の後編も楽しみです。

 

JUJUさんに似合いそうな、バラをモチーフにしたかんざしやパッチンピンなど をソウタシエコード とビーズで作りました。

 

色違いのものも現在制作中なので、揃ったらショップにあげようかなと思います。

 

 

 

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集