オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

年末の大掃除で懐かしい写真発見

年末の大掃除で懐かしい写真発見

 

ジャンルにこだわらず、いろんなものに挑戦してクリエイト活動をしている元和裁士の

こまもの屋 結衣の主人(あるじ)です。

 

去年の年末、大掃除をしていたときに、何が入っているのかすっかり忘れていた小さな紙の箱を見つけました。

 

開けてみると、今から20年以上も前の懐かしい写真。

 

前の前に勤めていた会社の着物工場がベトナムのホーチミンにあり、私たち和裁士は、ほぼ3ヶ月交代でホーチミンでの、現地ワーカーの指導や、検品の仕事をしていました。

 

当時は、仕事が休みの日曜日には、街に出かけて、『写るんです』で写真を撮りまくっていました。

 

お料理や、街の風景、仕立てたアオザイを着てワーカーの結婚式に出席した時の写真など、ホントに懐かしいものたち。

 

今ではホーチミンは近代的な大都市ですが、その頃はまだ関空から直行便が飛ぶようになって間もない頃で、宿舎として会社が借りていたヴィラの近くにスーパーなどはなく、買い物は市場へ。市場には冷蔵庫はもちろんありません。

 

たびたび停電もしていました。

 

着物工場は発電機があったので、業務には支障ありませんでしたが、家でお風呂に入っているときに突然停電なんてことも、日常茶飯事。

 

しんどかったこともいっぱいありましたが、今では笑い話。

 

とてもいい思い出になっています。

 

そんなことを思い出しながら、大掃除をしていたので、大晦日の夜までバタバタしていましたが、久しぶりに楽しい思い出が蘇り、楽しかったです。

 

新型コロナウィルスの流行で、まだ当分は海外には行けそうもありませんが、安心して旅行できるようになったら、その時一緒に仕事をしていた同僚と、またホーチミンに行ってみたいなぁと思います。

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。