ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

工具入れのポーチ

工具入れのポーチ

 

ジャンルにこだわらず、いろんなものに挑戦してクリエイト活動をしている元和裁士のこまもの屋 結衣の主人(あるじ)です。

 

いつもなら、あまりイベント会場にペンチなどの工具を持って出かけないのですが、今度出展するクリエーターズマーケットでは、マスクチャームやイヤリングをご紹介するので、カン類とともに工具を持参しなければと思っていました。

 

うちでは缶に工具類を入れて、必要な時に取り出して使っていますが、先日から気になっていたがま口ポーチにトライしてみたかったので、うちにストックしてたお気に入りの生地を使って作ってみました。

 

ひと目で「素敵なバッグができそう」と気に入ってしまったゴブラン織の生地。バッグは結局どう言う形のものにするか決まらなかったのでまだ使っていませんでした。

 

あまり私が選びそうもないポップな生地。人の顔が「ば〜ん!」って入っているのですが、顔が途中で切れない場所を選んで使いました。

 

がま口の金具を買った時に入っていたレシピ通りに作ってみたのですが、それほど縫う場所もないので、ミシンをわざわざ出さずに布用の両面テープを使用。

 

ゴブラン織って、けっこう切ったところがもろもろ解けてくるので、縫えばよかったなと後悔。それと生地の厚みがあるので、裏の生地はコットンのブロードかなんかの残り布を使ったので、内側がぶかぶかに。表も裏も同じような厚さの布だと、もうちょっとマシだったかもしれません。

 

表にゴブラン織の生地を使うなら、裏布の寸法はかなり控えないと…

 

次はそうしよう。

 

表布と裏布を断ちめで縫いとめるところは手縫いでザクザク。

 

がま口金具に接着剤をつけ、生地を合わせ入れ込み、紙の紐をきっちり押し込んで、最後にがま口金具の端をペンチで押さえれば出来上がり〜

 

プラスチックのカバーが付いたペンチを持っているので、レシピには布などを当ててペンチを使ってと書いてあるのを無視してそのまま使ったら、きつくやりすぎたか傷が〜😩

 

がま口金具の材質にもよると思うのですが、注意書きの通りやっぱ布噛ませればよかった…

 

まあとにかく、自分で使うだけなので、そこそこのものができてとても満足です。

 

何事もやってみて、次はこうしようとか、ここはこうした方がいいよねって言うところが見えてくるものですね。

 

最初っから大成功!とはいかないものですがいい気分転換になりました。

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集