オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

半衿や着物の襟のファンデーション汚れ

半衿や着物の襟のファンデーション汚れ

 

ジャンルにこだわらず、いろんなものに挑戦してクリエイト活動をしている元和裁士のこまもの屋 結衣の主人(あるじ)です。

 

今日、ふとネットで検索したこと。

 

着物を着た時、お手洗いでの着物の扱いについて。

 

自分なりの方法で、着物が汚れないようにしながらお手洗いに行きますが、他の人はどうしているんだろうと思って、何人かの方のYouTube画像を見てみました。

 

私は、両端にクリップを取り付けたゴムを持参して出かけます。

それで袖の振りのところを挟みゴムを後ろに回します。袖のことは気にすることなくお手洗いを済ませています。

 

同じことをされている方はいらっしゃいませんでしたが、着物用のクリップを使って帯の前部分に留めたりされていました。

 

裾を着物・襦袢・裾よけのそれぞれ一枚ずつ持ち上げて、その後一気にガバッと腰まで引き上げます。

 

もし、腰紐を持っていたら、そのガバッとあげた裾よけの上に紐をかけて結んでしまうと両手を着物から離すことができて、楽〜。

 

私が注目したのは、そこではなく、お手洗いでは下を向くことが多いので襟元が汚れやすいと言うこと。

 

着物を脱いだ後に、半襟や着物の襟にファンデーションがついているのに気がつくことがあります。

 

私が見たYouTubeの動画の中で、「トイレではどうしても、下を向くことが多いので、襟にファンデーションがついてしまったりするので、手ぬぐいや大判のハンカチなどを襟元に巻いておくといいですよ。」とおっしゃっていました。

 

あっ!そうか!

 

言われて気がつきました。

 

まあ、お手洗いの時だけでなく、階段の登り降りの時など、下を向くと言う動作ではどうしても顔が襟元に近づきます。

 

下を向くという、ふとした動作で汚れがついていたのかと、改めて気がついた次第です。

 

お手洗いに行くときには、ぜひ手ぬぐいを持参することをお勧めします。

 

トイレの個室では手ぬぐいを襟元に、赤ちゃんの涎掛けのように巻いて、襟元の汚れをガード。個室を出るときは、襟から手ぬぐいを外し、前側の帯に挟んで。そのまま手洗い場に移動して手を洗います。

 

そうすると、手を洗う時の水はねが帯や着物に飛んでしまうのを防ぐことができます。

 

色々な知恵があるものです。

 

汚れがついてしまった半衿や着物の襟

 

ファンデーションがついてしまった半衿は、すぐに長襦袢から外してお洗濯しましょう。

 

ポリエステルの半衿なら、洗濯ネットにいれて洗濯機で洗うことができます。

 

また、高級な正絹の半衿や刺繍のあるものでも、おしゃれ着洗い用の洗剤で手洗いしてください。刺繍の部分はやさし〜く。

 

お湯を使うと縮む可能性があるので、お水で。

 

もし部分的にしっかり洗いたいところがあれば、使い古しの歯ブラシなどを使って、優しめに擦ってください。

 

濯ぎをしたら、緩めに絞ってください。タオルに挟んで、パンパンして水分を取り、干します。きつく絞ってしまうと、シワが深くついてしまう可能性があるので、ご注意を。

 

半乾きになったら、裏からアイロンを当てて、シワを取っておきましょう。アイロンの温度は中〜低温で。当て布をしてください。

 

着物の襟の汚れは、木綿や麻の着物であれば家庭でお洗濯可能ですが、正絹の着物については難しいので早めにクリーニング屋さんや悉皆屋さんにお手入れをお願いしましょう。

 

くれぐれも、早めのお手入れが肝心です。

 

汚れは時間が経つにつれて、どんどん取れにくくなります。

 

web検索活用して着物を愉しみましょう

 

それにしても、なんでもwebを探せば出てくるものですね〜。

 

着物を着てみようかなと思っているけどちょっと不安があったり、もし何かわからないことがあれば、大抵の疑問がネットで解決、または参考になる情報が得られます。

 

自分の知っている着付け方法以外にも、たくさん工夫して着物を着て楽しんでいらっしゃる方をwebでも見つけることができます。

 

もっと楽に着物を愉しむ方法など、参考になるものがいっぱいあります。

 

当ショップでも、また、参考になるものがあればお知らせしていきたいと思っています。😊

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集