ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

モモンガコートってこんなのです。

モモンガコートってこんなのです。

 

ジャンルにこだわらず、いろんなものに挑戦してクリエイト活動をしている元和裁士のこまもの屋 結衣の主人(あるじ)です。

 

だいぶ秋めいてきました。

 

そして、茶吉庵さんでの和み市が今週末に迫ってきました。

 

インスタでもご紹介しているのですが、モモンガコートがだんだん完成していっているので、ご紹介です。

 

『モモンガコート』って一体どんなもんなん? ってお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

『モモンガコート』別名『マーガレット』

 

長方形の生地を半分に折り、手を出す部分を開けておいて短い一辺を縫い合わせます。

 

 

 

縫い合わせるだけでなく、その後縫い目の始末や切ったところの始末をします。

 

 完成すると、この様な形になります。

 

 

この写真だと縫い合わせたところがよくわかると思います。

 

 

後ろ姿は、こちら。

 

 

 

以前同じ生地で作った時には、格子を合わせて作ったのですが、今回は折り返して襟の様にして着ることができる様にしたので、格子を合わせると生地の無駄ができてしまうので、格子と格子が間に入るように柄合わせをしました。

 

他にも、イタリア製の生地で

 

 

 

軽くて暖かい生地を集めましたので、肩がこらなくてとてもオススメです。

 

また、着物を着た時に限らず、普段のお洋服の時にもマッチする合わせやすい柄を選んでいます。

 

オレンジとオフホワイトの生地の方などは、ジーンズなどに合わせていただくと素敵な着こなしに👍

 

また、既製品では全てミシン縫いになると思いますが、ふんわり感を出したかったので、ミシン縫いの箇所は最低限にして、始末を手でくけるという作業で仕上げています。

 

襟の様に折り曲げて羽織っていただいても、曲げずにそのまま羽織っていただいてもお好みでお選びいただけます。

 

お手持ちのブローチやピンをプラスしていただくと、もっとオシャレになりますね。

 

今回の茶吉庵さんの和み市にはそれぞれの生地、1点ずつのお仕立てになっています。

 

ここにご紹介したのは一例です。

 

もう少しバリエーションありますので、ぜひとも会場で羽織って、軽くて暖かい感触を感じていただければと思います。

 

***和み市***

 

116日() – 7日()

両日11時〜17

場所:茶吉庵さん 大阪府八尾市恩智中町3丁目 1番地

 

近鉄大阪線 恩智駅から徒歩10分ほどのところにあります。

 

茶吉庵さんの近く、信貴山の紅葉も始まったとの話も聞きましたので、体調に問題がなければ、紅葉の具合も確かめながら素敵な古民家でのイベントにお越しくださいませ。

 

✳︎7日にはお茶会も開催されるとのことです。

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集