ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

AJCクリエイターズコンテスト2022 佳作をいただきました

AJCクリエイターズコンテスト2022 佳作をいただきました

 

ジャンルにこだわらず、いろんなものに挑戦してクリエイト活動をしている元和裁士のこまもの屋 結衣の主人(あるじ)です。

 

AJCクリエイターズコンテスト2022。

 

今年は「佳作」をいただきました😄

 

去年よりワンランクアップです!

 

わざわざ東京まで持参した甲斐がありました。

 

搬入の時、たくさんの素晴らしい作品が並んでいるのを見て、今年も入選で終わるのかな?と思いましたが、「佳作」をいただけて正直に嬉しいです。

 

 

後ろ側、ネックの部分にも工夫があったのに、そちら側の写真を撮り忘れて、ちょっと残念😅

 

自宅で撮影したのをお見せします。

 

 

AJCクリエイターズコレクション展は3月30日まで、東京都美術館にて開催しています。

 

お時間がありましたら、会場で現物をみていただけると嬉しいです。

 

私がこのコンテストが大好きなのは、色々なジャンルの個性が光る作品を一堂に見ることができる所です。

 

自分一人では思いもつかない素材の使い方や、展示方法など、「ああ、こういうこともできるんだな。」とさまざまな気づきを与えてくれます。

 

来年、またアイディアが浮かんだら、トライしてみたいと思います。

 

今度のエントリーは、アートジュエリー部門と限らず、他の部門での出品も考えてみたいなぁと。

 

というのも。

 

私が好んで使うソウタシエコード。

 

これを使った、フレームアート部門の作品もありました。

 

私自身、11th Discover The One Japanese Art in Paris に出品した作品は額装しているので、フレームアートになっています。

 

ジュエリーとして作品を作るとなると、見えていない部分の処理の方法も考えないといけませんが、フレームアートはもっと自由な表現ができるんだなということがわかりました。

 

特に、私が好んで使うソウタシエはコードを切りっぱなしにすることができないので、何らかの処理をして切り端を見えないようにする必要があります。

 

いつも、ビーズで隠したり、人工スエードで覆ったりなど、その処理をどういうふうにするのが良いのか迷います。

 

11th Discover …には実際に着用することができるアクセサリーを作って額装していますが、そういう作りでなくても良いわけです。

 

今回AJCクリエイターズコンテストに出品した作品、実は当初頭に浮かんだものとはかなり違う形の作品になりました。

 

裏側の処理の方法が難しかったり、モチーフを主になる部分と組み合わせるのが難しかったからです。

 

今回は、かなり異素材を組み合わせて作りましたが、そこにも混じり合わない素材というのがあったので、かなり簡素化して完成となりました。

 

頭に浮かんだアイディアは、もっと『バーン!』って迫力のあるものになるはずだったのになぁ😓

 

自分の頭に浮かんだアイディアをそのまま形にすることが、フレームアートでは可能なのかもしれません。

 

偶然にも、先日、知人から、アクセサリーでなく部屋のデコレーションに使えるものにしたらどう?とアドバイスをもらいました。

 

私は今まで、身に着けるアクセサリーしか頭にありませんでしたが、アートとしてフレームに収めると部屋に飾って楽しめるんだと気付かせてくれました。

 

使う人がより限定的なアクセサリーに比べ、オブジェやアート作品は、性別や国を超えて色々な人に楽しんでもらえる可能性がある気がします。

 

先日、Discover The One Japanese Art用の額縁を探しに行って、さまざまなタイプの額縁があることも知りました。

 

フレームアートをやるならば、額縁と作品との調和も考えないといけませんし、フレームに収める作品の背景をどうするかということも考えないといけません。

 

それも、新たな挑戦として面白そうです。

 

枠に囚われることなく、新たなジャンルに挑戦の年になりそうです😆 ワクワク。

 

さて、コンテストも終わりましたので、次のイベント「茶吉庵 和み市」の準備に邁進しなくてはいけません。

 

もうあまり時間がありませんので😅

 

和み市のお知らせは次のブログで!

ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装小物の店|こまもの屋 結衣

ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより気軽におしゃれに楽しんでいただけるように、仕入した、あるとちょっといいなと思う小物と、オーナー自身のハンドメイドの帯留めなどを販売させていただいております。

和装にこだわらず、ソウタシエやビーズ、ヴィンテージパーツを組み合わせたコスチュームジュエリーなどもお作りしています。

お気に入りのものが何かないか、探してみてください。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集