オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

好きだったこと・苦手だったこと

好きだったこと・苦手だったこと

 

思えば、昔から、ちまちましたものが好きでした。

 

例えば、小学校の時に教室の本棚で見た紙粘土で作るドールハウス。

八百屋さんや、いろんなお店の様子のミニチュアを紙粘土で作ったのを写真で撮影したような本でした。

作ってみたかったけど、田舎では、どうやったらいいかわからなかったので、その時は、ただその本を見ているだけでした。

 

今だったら、ネットでググるとなんでも出てきますよね。

材料だって、遠くのどこかでも、ネット注文できちゃいます。

便利な世の中になったものです。

 

まあ、それは置いといて、『ちまちま、こちょこちょしたことが好き』から和裁士になり、現在、ハンドメイドでいろんなものを作ることを仕事にしています。

 

逆に、苦手だったこと。

刺繍!

これも、子供の頃の話。

クロスステッチやチェーンステッチは少しはやりましたが、面を埋めるサテンステッチで挫折。

なんてちまちましてるんだろうって、イライラ。面がうまく埋めることができなくて、ず〜っと嫌いなことの一つでした。

こちょこちょ、こまごましたことは好きなはずなのに・・・

なんなんでしょうかね?

 

でも、この歳になって、世界にはいろんな刺繍があって、素敵なものが出来るもんだなぁと思うようになりました。

今や、こぎん刺しにハマり、こまごま、チクチク。

細かなピッチの布に刺すのが大好き。

 

 

最近はオートクチュール刺繍にも興味津々。

ちょっとやってみたいなって思っています。

実は、今すごく気になるLemmikkoさんのクチュール仕立てのブレード刺繍のキットを購入!

やさしそうなのから始めてみようと思います。

 

でも、今でも日本刺繍は見るのみ。

自分ではできない、その技法に惚れ惚れしてしまいます。

 

こまごましたことは好きなんだけど、いらちなところもあるので、こういう矛盾したことが起こるんでしょうね。

それでこそ、ヒトなんでしょうね。

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集