オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

和装によく合うメイク術とは?

 

 

和装によく合うメイク術とは?

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

成人式や初詣、お祭りなど和装はイベント時に着用する場合が多いです。

 

突然和装で外出する予定が入ったら、洋服でのメイクとは押さえるポイントが違うので慌ててしまうのではないでしょうか。

 

予定が入ってから慌てて和装でのメイクを練習するよりも、時々練習をしておくのがおすすめです。

 

普段着る機会がないからこそ、和装に合うメイクを研究してみましょう。

 

 

 

和装に合うメイクのポイント

 

化粧品を使って顔に影を作ると、立体的な印象に仕上げて実際よりも小顔に見せたり目を大きく見せたりすることができます。

 

多くの女性誌で影を上手く使った技が紹介されています。

 

日常的に施す仕事やデート用に化粧する場合、影を付けてナチュラルな印象に仕上げている人が多いでしょう。

 

しかし和装の場合、洋服の場合とは違って日本女性らしい平面的な顔に仕上げるのがポイントになります。

 

肌の質感や口紅、チークなどの色味を着物に合わせて選ぶのです。

 

基本的にはハイライトやシェーディングなどの影を付ける化粧品は使用しません。

 

着物を着用する時にはタオルなどを用いて意図的に体を寸胴に補正します。

 

その為着物を着用すると凹凸のない見た目になるので、日本人らしい平面的なメイクがよく合います。

 

ハイライトやシェーディングは少なめに薄く入れる程度で十分です。

 

着物の柄に使用されている色の中からメイクに使用する色を選びましょう。

 

洋服と比較すると、着物は1着に複数の色が使用されている場合が多いです。

 

また着物は洋服よりも色彩がはっきりしている為、ナチュラルメイクでは顔が着物に負けてしまいます。

 

普段のメイクよりもはっきりとした色の化粧品を使用して、華やかかつ上品なメイクに仕上げましょう。

 

 

 

 

和装に合うべースメイクのポイント

 

顔の印象を左右する肌の質感は大きなポイントになります。

 

影を付けずに凹凸のないマットな質感の肌に仕上げるのが重要です。

 

ファンデーションを肌に乗せる前にしっかりと肌を保湿しておくと、マットに仕上がるファンデーションを使用してもパサつきません。

 

ファンデーションはカバー力の高いものを選び、コンシーラーを使ってムラのない肌に仕上げましょう。

 

ただしコンシーラーを重ね塗りしすぎてしまうと、重たい印象の肌になってしまうので注意が必要です。

 

ファンデーションにはリキッドタイプとパウダータイプの2種類がありますが、和装の場合はリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。

 

リキッドタイプはパウダータイプよりも高いカバー力を持っています。

 

ファンデーションを肌に乗せる前に、ティッシュで顔全体を軽く押さえてください。

 

化粧水の水分と乳液の油分をティッシュで吸収するのです。

 

このひと手間が化粧崩れを防いでくれます。

 

和装では髪の毛をまとめることが多いですが、髪の毛をまとめると目立ってしまうのがうなじです。

 

髪の毛をまとめる場合には、うなじにもファンデーションを付けておきましょう。

 

 

 

 

和装に合うパーツメイクのポイント

 

洋服の場合ぱっちりとした目元が女性らしさを引き出してくれますが、和装の場合は切れ長の目元が着物によく合います。

 

アイシャドウにはあまり色を使わず、濃いブラウンのような暗い色で目の際を引き締めるのがポイントです。

 

アイホールの内側に淡く入れてください。

 

目元に色味を入れる場合には、着物や帯の色に合わせて選びましょう。

 

マスカラを目尻に重付けすると、切れ長の目元が美しい横顔を作ってくれます。

 

また普段よりも、眉をはっきりと描くように意識してみましょう。

 

優しくなだらかな曲線を描くように眉をつくると、凛とした雰囲気に仕上がります。

 

アイブロウマスカラで眉の色を明るめにすると、はっきり描いても主張し過ぎない眉がつくれます。

 

口紅は顔の印象を決める重要なポイントです。

 

洋服の時に自然な色を使用している場合でも、和装の場合ははっきりとした濃い色の口紅を選びましょう。

 

目元と口元のバランスを見ながら仕上げてください。

 

ファンデーションもしくはコンシーラーで唇の本来の色を消してから色を乗せると、口紅の色がよく映えます。

 

チークは頬骨の最も高い部分からこめかみにかけて柔らかく入れる程度で十分です。

 

チークが濃過ぎると幼く見えてしまうので、ブラシを使ってぼかしながら付けるようにしましょう。

 

 

 

 

メイクを研究して和装を楽しむ

 

普段とは違ったポイントが重要な和装メイク。

 

なかなか和装で出かけることがない人も、一度挑戦してみると和装の魅力にはまってしまうのではないでしょうか。

 

顔立ちによっては、普段着ている洋服よりも和装がよく似合う人もいます。

 

和装によく合うメイクの技術を身に付けて、日本人だからこそ楽しめる和装に挑戦してみましょう。

 

 

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です