オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

和装で楽しむ京都のおすすめグルメ

 

 

和装で楽しむ京都のおすすめグルメ

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

千年の都とも呼ばれている京都へ観光に出かけるなら、和装コーデもおすすめです。

 

古都京都の美しい面影を残す街並みと、美味しいグルメを楽しむのなら祇園が最適です。

 

祇園には、歴史を感じさせる建物が建ち並び、美味しいランチやディナーを提供してくれる店も豊富にあります。

 

そこで、祇園でおすすめのグルメを紹介します。

 

自分の好きな着物をレンタルして、祇園の魅力を堪能しましょう。

 

✳︎新型コロナウィルスの流行拡大中のため、現在の営業状況などがこちらの情報と異なることがあります。お出かけの際は、最新の情報をご確認ください。

 

また、お出かけの際は、マスクの着用・ソーシャルディスタンスにお気をつけください。

 

 

 

伝統と創意工夫の「舞子飯」

 

京都というと、華やかな着物を身にまとった舞妓さんがそぞろ歩いているイメージを持つ人もいるでしょう。

 

「舞妓飯」は、舞妓さんをイメージした白い暖簾が出迎える京料理の店です。

 

「舞妓飯」の名物は、カラフルな彩りも美しい「ひとくち串天ぷら」です。

 

エビや京野菜をひとつずつ串に刺して揚げた天ぷらの数々は、味だけではなく見た目でも楽しませてくれます。

 

ランチのときに、ちょっと小腹が空いたときには最適なグルメです。

 

ひとくちサイズの天ぷらは衣がサクサクしていて、後味もサッパリしているので、観光の途中でも胃もたれを起こすことはありません。

 

 

基本情報

 

住所は、京都市東山区宮川筋4丁目322-7、京阪本線祇園四条駅1出口から徒歩で約5分のところにあります。

 

電話番号は、 075-744-1999なので、営業日や営業時間について確認をしてから行くと良いでしょう。

 

 

 

 

九条ネギたっぷりの「祇をん萬屋」

 

京野菜である九条ネギを、存分に味わいたいというときには、「祇をん萬屋」がおすすめです。

 

芸能人のなかにもファンが多く、ミシュランにもその名が載るなど、味の格別さは広く知れわたっています。

 

名物である「ねぎうどん」は、九条ネギたっぷりで、おろし生姜と共に味わいます。

 

メニューのなかには、芸能人が考案したものなどもあり、「もみじ」はサスペンスドラマでお馴染みの山村紅葉さんが、「かほ」は女優の南果歩さんが提案しました。

 

基本情報

 

京都市東山区花見小路通四条下ルニ筋目西入ルニ節目西入ル小松町555-1にあり、京阪本線祇園四条駅から徒歩約3分です。

 

電話番号は075-551-3409で、シンプルな白地の暖簾が目印です。

 

行く前には営業日や営業時間について確認してから行くようにしましょう。

 

 

 

 

漬物の味を楽しめる「お茶漬け処ぶぶ家」

 

あっさりしたものが食べたいときには、漬け物を連想する人もいるでしょう。

 

そして、お茶漬けを心ゆくまで堪能したいときには、「お茶漬け処ぶぶ家」はいかがでしょうか。

 

京漬物で知られている「ぎおん川勝」のお漬物で作るお茶漬けは、菜の花漬けやミョウガ漬けなど、季節によってその内容が変わり、色とりどりの漬物が食欲をそそります。

 

店内は落ち着いた雰囲気で、和装での食事にもぴったりです。

 

基本情報

 

場所は、京都市東山区祇園石段下上ルにあり、京阪祇園四条駅から徒歩で約5分のところにあります。

 

電話番号は075-561-1745なので、訪れるときには、営業日と時間を確かめることを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

大豆の甘さを楽しめる「吉祥果寮」

 

江戸時代から菓子茶房を営んできた歴史を持つ「吉祥果寮」では、自家焙煎したきな粉をたっぷりと使ったスイーツを堪能することができます。

 

店こだわりの大豆を使用したわらび餅は、上品な甘さの中にもコクがあり、観光で疲れた体を癒してくれます。

 

パフェなどの洋菓子にもきな粉がふんだんに使われ、和と洋の絶妙なコラボレーションを楽しむことができます。

 

基本情報

 

住所は、京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町306で、市営地下鉄東西線「東山駅」から約5分です。

 

電話番号は075-708-5608なので、観光で立ち寄る際には必ず確認するようにしましょう。

 

 

 

 

和装で京のグルメを楽しむときには

 

京都のグルメを和装で楽しむときには、袖を汚さないように注意することも大切です。

 

普段は着なれない和装での食事を楽しむときには、長めの袖や帯に気を付けましょう。

 

懐紙や少し大きめのハンカチを持っていると、何かと便利です。

 

そして、できるだけ小さめに切ってから口許に運ぶと、上品で優雅な食べ方に見えます。

 

せっかくの和装でのグルメです。

 

マナーや所作には十分に注意しましょう。

 

新型コロナウィルス感染が拡大している最中です。

お食事の時は、マスクをするわけにはいきません。くれぐれもソーシャルディスタンスだけは、お気をつけて。

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

オリジナルの和装小物とアクセサリー|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21ガーデンウェルズ浜寺公園313号
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です