ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣 こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより華やかに楽しんでいただけるような帯留めやヘアアクセサリーといった和装小物を中心に、洋服でお出かけの際にもさりげないオシャレを演出してくれるアイテムを制作・販売しております。ぜひ当店であなたのお気に入りのアクセサリーを見つけて下さい。

パリで開催の個展会場がup grade!

パリで開催の個展会場がup grade!

 

ジャンルにこだわらず、いろんなものに挑戦してクリエイト活動をしている元和裁士のこまもの屋 結衣の主人(あるじ)です。

 

パリで6月開催予定の、コンペ形式の個展、『11th Discover The One Japanese Art 2022 in Paris』。

 

当初は、パリのマレ地区の「galerie JOSEPH minimes」にて6月12日から16日に開催予定でしたが、「Espace Cinko」で11日から18日に変更になりました。

 

この、「Espace Cinko」という場所、世界的に有名なファッションデザイナーの高田賢三氏がパリ進出をする機会となった場所とのことです。

 

そこはパリのルーヴル美術館とオペラ座の間ぐらいの場所。

 

パリの中でもとびっきりの中心地。

 

会期も当初より延長になっているので、より多くのお客様に作品を見ていただけるようになったということです。

 

なかなかすごいupgradeです。

 

HPの方、力を入れて整備しないと😁

 

会場で、私の作品の横に、私のHPへアクセスできるQRコードを置いていただくので、そこからこのHPへ来ていただけます。

 

本当なら、その展示場所に行ってみたいところですが、コロナの状況とその後の仕事の都合などを考えて、またいつか機会があれば…

 

 

私のこの作品は、もうすでに出発済み。

 

キルティングの綿などを入れてふっくらさせた土台の上に、ソウタシエなどのアクセサリーを透明の糸で縫い付けたもの。

 

糸が弛んだり、何か不都合な状態になっていないことを祈ります。

 

フランス語で「春夏秋冬」をビーズ刺繍で縫い付けたのですが、フランス語のできる友人から、冠詞がないからなんか違和感あるわぁと言われ、ひゃ〜って感じなんですけど。😓

 

今更ね〜。なんもできないし、まっなるようにしかならんと思っている今日この頃です。

 

このGWも、月末に開催の難波神社でのキモノフリマに持っていく商品の準備に勤しみま〜す。

ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装小物の店|こまもの屋 結衣

ソウタシエ・コスチュームジュエリーと和装に似合う小物の店|こまもの屋 結衣

こまもの屋「結衣」では、かつて和裁士をしていたオーナーの経験や感性を活かして、和装をより気軽におしゃれに楽しんでいただけるように、仕入した、あるとちょっといいなと思う小物と、オーナー自身のハンドメイドの帯留めなどを販売させていただいております。

和装にこだわらず、ソウタシエやビーズ、ヴィンテージパーツを組み合わせたコスチュームジュエリーなどもお作りしています。

お気に入りのものが何かないか、探してみてください。

屋号 こまもの屋 結衣
住所 〒592-0002
大阪府高石市羽衣2丁目2-21
電話番号 090-3624-3711
営業時間 10:00~17:00
定休日:土日・祝日
代表者名 春木 美恵 (ハルキ ミエ)
E-mail shop@komamonoya-yui.com

コメントは受け付けていません。

特集